第9回 定期購読者向けイベント概要

セミナータイトル
土壌汚染・地中埋設物不動産取引の最新状況と予防法務―売主・買主それぞれの立場から

日時
2014年4月15日(火) 15:00~18:00

会場
溜池山王(東京都千代田区)

講師名
井上 治 弁護士(牛島総合法律事務所) / 猿倉健司 弁護士(牛島総合法律事務所)

受講料
無料

セミナー概要
第9回BLJ定期購読者向けセミナーを開催します。
Business Law Journal2013年10月号「リスク判断のための紛争解決コスト分析―環境規制違反等」を執筆された井上治弁護士と同事務所の猿倉健司弁護士に、土壌汚染・地中埋設物不動産取引の最新状況について、ご解説いただきます。
------------------------------------------------------------------------------------------------
近年、土壌汚染不動産取引は、賠償額の高額化や、問題となる争点の多様化が顕著であり、公刊されている判例はもちろんのこと、それ以外にも多くの紛争等の蓄積が著しい分野です。基本的な問題も含め、最新状況や実務の動向をアップデートしておくことは、不動産取引に関わる実務家にとって必須と考えられます。
本講座では、多数の土壌汚染紛争解決を担当してきた経験に基づき、最新の実務や判例の動向を踏まえ、土壌汚染および地中障害物に関して実務的に問題となりやすいトラブルスポットを明らかにしたうえで、紛争を予防するために留意すべきポイントについて、売主、買主のそれぞれの立場から分かりやすく解説します。

※セミナー終了後、会場近くのお店で、講師を囲んでの懇親会(任意参加)も予定しております。懇親会費用は、4,000円です(当日会場でお支払をお願いいたします)。

プログラム
1.典型的に問題になる土壌汚染・地中障害物の取り扱い
(1)特定有害物質 /(2)ダイオキシン類 /(3)油汚染/ (4)産業廃棄物 /(5)地中障害物 /(6)アスベスト/ (7)放射性物質 /(8)液状化
2.土壌汚染・地中障害物がある場合の責任追及
(1)瑕疵担保責任 /(2)契約責任 /(3)不法行為責任
3.予防法務
(1)売主の注意点 /(2)買主の注意点
4.Q&A

※ 当日受付にてお名刺を1枚頂戴します。
※ 講演後に講師との名刺交換のお時間を設けます。

講師プロフィール
井上 治 弁護士(牛島総合法律事務所)
86年北海道大学法学部卒業。91年弁護士登録。98年ニューヨーク州弁護士登録。00年ニューヨーク大学ロースクール法学修士課程修了。04年より慶應義塾大学法科大学院非常勤講師。不動産取引、土壌汚染・地中障害物訴訟、M&A取引における環境法デューデリジェンスなどを担当。2013年10月に裁判上の和解が成立した独立行政法人都市再生機構と三菱製紙株式会社間の訴訟(機構側)など、多数の土壌汚染・地中障害物案件を手がけている。 著作「土壌汚染対策法改正案」本誌2009年6月号、「リスク判断のための紛争解決コスト分析――環境規制違反等」本誌2013年10月号ほか多数。

猿倉健司 弁護士(牛島総合法律事務所)
03年早稲田大学法学部卒業。05年日本大学法学部司法科研究室講師。07年弁護士登録。
井上弁護士とともに、多くの不動産取引、土壌汚染・地中障害物訴訟を担当する他、オフィスビル・大規模建物等の建築紛争、人事労務紛争、その他企業間紛争を主に担当。

人数
40 人

対象・条件
ビジネスロー・ジャーナル定期購読者(まことに申し訳ございませんが、今回、法律事務所関係者の方は、お申し込みをご遠慮くださいますようお願い申し上げます。) / 先着順

主催
レクシスネクシス・ジャパン株式会社 Business Law Journal編集部

 
ページトップへ戻る