最新号の目次

第143号

2019年12月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]法務のためのブックガイド2020

毎年恒例のブックガイド特集。数多く刊行された本の中から、法務担当者・弁護士・研究者は、どのような本を選び、どのように読んだのでしょうか。読むべき本、部署で買うべき本を探すうえで参考となる情報をお届けします。


[実務解説]改正会社法の重要ポイントと実務への影響
サンプル01サンプル02

[特集] 法務のためのブックガイド2020
[2019総括]購入書籍分野別批評会
弁護士・法務担当者・研究者が薦める理由

01 現場の悩みの解決にヒントを与えてくれる本 飯田浩隆 日立製作所
02 デジタル・プラットフォーマーを理解するための10冊 白川聖明 カカクコム
03 デジタルデータがもたらす環境変化へ適応するために 齊藤友紀 メルカリ 社長室 弁護士
04 契約書の起案・修正に役立つ実務書 電機メーカー 法務部 マネージャー
05 実務的な知識習得や社内向け資料作成時の拠り所 機械メーカー 法務担当者3名
06 企業法務に「交渉学」を 産業ガスメーカー 法務担当者
07 法務担当者に求められる能力開発と視野の拡大 化学メーカー 法務部 マネージャー
08 データ・AI関連の法的問題に備える 内田 誠 弁護士・弁理士
09 日頃参照している労働法の本 町田悠生子 弁護士
10 制度趣旨を知り、規制官庁と議論できる力を身につける 片岡大輔 弁護士
11 著作権実務を深く、広く、遠く学ぶために 照井 勝 弁護士
12 組織の不祥事と社会のルールを見つめ直す 鈴木悠介 弁護士
13 ポピュリズムと交通整理 大屋雄裕 慶應義塾大学法学部教授

管理職が読んだ本 [part 1][part 2]
紹介書籍 INDEX

 

実務解説
法令関連情報Basics
改正会社法の重要ポイントと実務への影響

石井裕介 弁護士

タイ個人情報保護法の概要と対応実務
タイ子会社・関連会社でやるべきこと、日本から支援すべきこと

ティラポン・スワンプラテープ タイ弁護士 / 阪本法子 ニューヨーク州弁護士
達野大輔 弁護士 / 勝山正雄 弁護士

 

実務講座
ちょっとニッチなジョイントベンチャーの活用 
民法上の組合を用いた契約形態を中心に(前編)

安藤文子 弁護士 / 永野恵利加 企業(サービス業) 法務部門担当課長・弁護士

 

実務上のギモンに答える データ保護・利活用の要点
データ取引の実務対応(4)

石川智也 弁護士 / 濱野敏彦 弁理士・弁護士 / 津田麻紀子 弁護士


かけ算で理解する 独禁法の道標4
独禁法と通商法

高宮雄介 弁護士


グローバル企業のための製品リコール対策(各地域のリコール法制)
トルコ・エジプト

吉田武史 弁護士


英文契約書 応用講座
株式譲渡契約の交渉に先立つ情報交換のためのNDA(2)

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授


連載
Opinion

松中 学 名古屋大学大学院法学研究科教授

INSIGHT

松尾直彦 弁護士(元金融庁室長)

Q&A 法務相談の現場から

山田真吾 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

辛口法律書レビュー(2019年11月)

企業法務系ブロガー

Information

広告法律相談125問
「法×テクノロジー」がもたらす未来
当局の調査対象になった時、どうやって生き残るか

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books
編集後記・次号予告

BOOK in BOOK
LAWYERS GUIDE 2020
ページトップへ戻る