2019.7月号(No.136)の目次

第136号

2019年5月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[特集]海外取引における最近のトラブル類型と対応策

事業展開のいっそうのグローバル化に伴い、海外取引の契約審査・交渉やリスク手当てにおいて法務部門が果たすべき役割が高まっている。
本特集では、実務上頻出の取引類型や国・地域を取り上げ、最近のトラブル事例と、それを防ぐための契約上・取引上の手当てや工夫について解説する。


[実務解説]日本におけるサード・パーティー・ファンディングの実践的な活用に向けて
[実務講座]企業が押さえておきたい賃料増額請求対応の基礎知識
サンプル01サンプル02

[特集] 海外取引における最近のトラブル類型と対応策
[Interview]海外取引トラブルにおける法務担当者の役割

中尾智三郎 三菱自動車工業 法務部担当部長

海外販売店契約で頻発するトラブルとその対応策

竹平征吾 弁護士 / 土岐俊太 弁護士

ライセンス契約の落とし穴 米国・中国の最新動向を踏まえて

山口裕司 弁護士

海外子会社・海外委託先が関わる取引とトラブル防止策

山下聖志 弁護士 / 厳 逸文 中国律師

中国・ASEAN企業と締結する調達・販売契約のトラブルとその対応策

江口拓哉 弁護士

法務部門 CLOSEUP
GA technologies 法務担当部署(社長室・リーガルチーム)

古澤賢太郎クリストフ 社長室 社内弁護士


実務解説
日本におけるサード・パーティー・ファンディングの実践的な活用に向けて

トム・グラスゴー IMF Bentham チーフ・インベストメント・マネジャー
チェンイー・クォン IMF Bentham アソシエイト・インベストメント・マネジャー
鈴木 優 弁護士
石原慎一郎 弁護士

CPTPPおよび日EUEPAの実務的影響
海外投資を守る投資協定と投資仲裁(ISDS)

緑川芳江 弁護士

 

実務講座
~それ、法律問題です!~
企業が押さえておきたい賃料増額請求対応の基礎知識

伊藤英之 弁護士・中小企業診断士

DeNA著作権侵害事件とベンチャーの経営変革─不祥事の解剖学[特別編]
著作権侵害事件の原因メカニズム

樋口晴彦 警察大学校警察政策研究センター 教授


かけ算で理解する 独禁法の道標4
独禁法と倒産法

島崎伸夫 弁護士

人事労務の目 リスク管理の目
職場のダイバーシティ

中村克己 弁護士・公認不正検査士 / 町田悠生子 弁護士


グローバル企業のための製品リコール対策(各地域のリコール法制)
カナダ

吉田武史 弁護士


英文契約書 応用講座
テレビ番組・映画のDVD制作販売ライセンス契約(2)

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

 

知的財産法の羅針盤
リツイート行為による著作者人格権侵害の成否

渡邉佳行 弁護士・弁理士


連載
Opinion

二宮周平 立命館大学法学部教授

INSIGHT

大屋雄裕 慶應義塾大学法学部教授

Q&A 法務相談の現場から

安藤広人 弁護士・情報処理安全確保支援士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

辛口法律書レビュー(2019年4月)

企業法務系ブロガー

Information

スクールガイド2019

Movie/Art/New Book/Recommended Books
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る