2012.8月号(No.53)の目次

第53号

2012年6月21日発売
 ご購入はこちら

特集タイトル

[第1特集]実務担当者は何ができるか 役員の法的責任を考える

取締役や監査役に、自身を取り巻く法的・社会的リスクをいかに認識してもらうか。 あるいは経営判断の場面で委縮しないよう、適切な意思決定プロセスをどう確立していけばよいか。 分かりやすく論点整理を行ったうえで、各社法務担当者や役員自身のコメントを紹介する。



[第2特集]スルガ銀行 対 日本IBM事件 システム開発契約への実務的影響

スルガ銀行が日本IBMとの間で、新基幹システムの開発プロジェクトに関する契約を締結したが、プロジェクトが頓挫したため、IBMに対して約115億8000万円の損害賠償を請求する訴訟を提起し、IBMも未払い代金など約125億5000万円を請求する反訴を提起した。東京地裁は、平成24年3月29日、スルガ銀行の請求のうち約74億円を認容し、反訴を棄却する判決を言い渡した。ベンダ・ユーザ双方の視点から、本判決の実務的な影響を検討する。

[Focus]コンプガチャ規制の教訓 適法性判断の難しさ

新しいサービスや事業の開始にあたって適法性を検討する場合、どのような点に注意すべきか。 ソーシャルゲームの「コンプリートガチャ」という仕組みについて、消費者庁から違法とする見解が示されるまでの一連の流れを追い、そこから学べる教訓を紹介する。

 

サンプル01 サンプル02

[第1特集] 実務担当者は何ができるか 役員の法的責任を考える

類型別に整理する役員の責任 

山中 修 弁護士

[ケーススタディ]役員の義務違反はこうして起きる

山口利昭 弁護士

各社の現状

■ ケース① トップが強すぎる会社の実状と理想

機械 法務担当

 

■ ケース② 資料作りの増加がガバナンス向上の証明

精密機器 法務担当

 

■ ケース③ コンプライアンスリスクの認識は役員としての大前提

海永修司 パルコ 執行役 グループ監査室担当

 

■ ケース④ 経営にものがいえる法務に

コンサルティング 法務担当

 

■ ケース⑤ ホールディングス化でできた役員育成システム

機械 法務担当

[第2特集] スルガ銀行 対 日本IBM事件 システム開発契約への実務的影響
東京地裁判決のポイント解説 

吉田正夫 弁護士

[鼎談]ベンダ・ユーザが学ぶべきこと

野々垣典男 JTB情報システム 常務取締役 経営企画部長
大谷和子 日本総合研究所 法務部長
松島淳也 弁護士

[Focus] コンプガチャ規制の教訓 適法性判断の難しさ
コンプガチャ問題をめぐる消費者庁と企業の対応を振り返る

泉水文雄 神戸大学大学院法学研究科教授

[REPORT]消費者庁対応で不覚をとったソーシャルゲーム業界の困惑
消費者保護を重視した景表法対応

中西 開 電通 法務室 法務1部長

[REPORT]ビジネスを止めるべきか否か グレー案件における社内調整の難しさ
法のグレー部分を広めに規制する消費者庁の姿勢

白石忠志 東京大学教授

 

INTERVIEW
国内外6か所の法務拠点で支えるグローバルな事業展開

横山 豊 日本板硝子 総務法務部 グループリーダー

 

OPINION
企業法務に求められるもの

小林利治 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 理事長

 

Inside Story
「弁護士就職難」の真実

渋谷高弘 日本経済新聞社 編集委員

連載
実務解説

破綻懸念先の取引先が会社分割をしようとしたら
大野 渉 弁護士

企業会計法Current Topics

アメリカと非公開会社向け会計基準
弥永真生 筑波大学大学院教授

外資系企業に学ぶ 契約審査プロセスの標準化

契約交渉とPlaybooksの使い方
外資系企業法務部長

ハブ法務思考で実践するグローバル訴訟マネジメント

各国における民事保全制度を理解する 裁判確定までの権利侵害拡大の防止策
長谷川俊明 弁護士

World Legal & Business Guide

インド
西垣建剛 弁護士

Global Business Law Seminar

ユーザから見たソフトウェアライセンス取引における課題
小西浩之 一般社団法人GBL研究所研究員・ユーザ系企業法務担当者

[新連載] 不祥事の解剖学

傍流事業に潜む危険 メルシャン循環取引事件
樋口晴彦 警察大学校警察政策研究センター教授

これまでの「交渉」の話をしよう

ドイツ、ボッシュ社との交渉と川中島の戦い
松田 實

牛島信のローヤー進化論
[TREND]日本企業が中国の法律事務所に直接依頼するメリットは?
[TREND]3.11後のコンプライアンス
[座談会]海外M&Aにおけるデューデリジェンスの最新動向と注意点
Pick up! セミナー情報
Movie/Art/Book
編集後記・次号予告
ページトップへ戻る